頚椎症性神経根症

頸椎症の一押し教材

頚椎症性神経根症

 

 

頚椎症性神経根症とは、頚椎と頚椎の間から枝分かれしている
神経根が圧迫されることで起こる症状のことをいいます。

 

頚椎症性神経根症の主な症状は肩甲骨部、肩から腕にかけて
強い痛みが起きます。
他に腕や手足・指のしびれや不快感が出ることも多くあります。

 

指のしびれと後頸部や肩甲骨部の疼痛が自覚症状とされます。
頚椎症性神経根症は脊椎の加齢現象によって発症するとされて
います。

 

なぜ脊椎が加齢するのか、加齢現象の起き易さについての原因は
いまだに不明です。

 

初期状態の症状は重苦ですが、鎮痛剤や安定剤を使用することで
痛みやしびれが緩和されます。

 

治療法は上記のように薬などを使用し、神経根の炎症を抑える
保存的治療が主な治療法とされています。

 

 

 

⇒ 【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム

 

頸椎症

 

頸椎症マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 頸椎症 総合ランキング

 

頸椎症 人気ランキング

【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


自分で治せる!頸椎症・頸椎ヘルニア痛みしびれ改善法 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


今野式ヘルニア改善エクササイズ 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位