頚椎症性脊髄症

頸椎症の一押し教材

頚椎症性脊髄症

 

 

頚椎症性脊髄症とは、手足を動かす神経がある頚椎(首の骨)が、
加齢や姿勢の悪さによって障害を起こして脊髄を圧迫してしまい、
脊髄症状を引き起こそしてしまう症状のことをいいます。

 

頚椎症性脊髄症は40代からみられ、増加するのは50代です。
比較的に女性より男性に多いです。

 

高齢化ということもあり、手術を受ける人も増加傾向にあります。

 

術後も麻痺などがあり、回復のためにリハビリを要します。
頚椎症性脊髄症の主な症状は、手足のしびれ、運動障害です。
手と指が動かしづらく、日常生活に支障が生じます。

 

例えば手の動きでいうと、箸が持ちづらかったり、携帯電話などの
操作がしにくい、ボタンの付け外しが困難など。
歩行障害になり、歩きにくいなどの症状もあります。

 

 

 

⇒ 【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム

 

頸椎症

 

頸椎症マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 頸椎症 総合ランキング

 

頸椎症 人気ランキング

【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


自分で治せる!頸椎症・頸椎ヘルニア痛みしびれ改善法 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


今野式ヘルニア改善エクササイズ 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位