頚椎症 手術

頸椎症の一押し教材

頚椎症 手術

 

 

頚椎症は大体が保存的治療で改善されますが、
症状などによって手術をすることがあります。

 

頚椎症に用いられる主な手術法は除圧椎弓切除術と
脊椎前方固定術です。

 

除圧椎弓切除術は神経に対する圧迫を除去するための手術で、
脊椎の椎弓と呼ばれる部分を切除します。

 

脊椎前方固定術は椎間板を切除して、腸骨移植とプレート固定を
施します。
プレート固定はチタン製の金属の板です。

 

前方固定する手術は、同時に神経孔開大手術を併用することも
少なくはありません。

 

どちらの手術も、費用は健康保険の負担によって異なります。
健康保険で負担されたとしても高額医療なので、還付されることがあります。

 

頚椎症の手術は高度な技術を要するので、信頼度の高い医師・名医を選ぶ
必要があります。

 

 

 

⇒ 【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム

 

頸椎症

 

頸椎症マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 頸椎症 総合ランキング

 

頸椎症 人気ランキング

【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


自分で治せる!頸椎症・頸椎ヘルニア痛みしびれ改善法 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


今野式ヘルニア改善エクササイズ 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位