変形性頚椎症

頸椎症の一押し教材

変形性頚椎症

 

 

変形性頚椎症とは頚椎や頚椎板が変形し、神経や脊髄を
圧迫して損傷したりする頚椎症のことです。

 

変形性頚椎症の初期症状は肩や首の痛み(コリ)です。
コリに似た痛みなので、初期段階では自覚症状が無い場合が
多いです。

 

進行するにつれて、肩から腕にかけてのしびれ、後頭部や首を
動かした時に痛みを感じます。

 

更に症状が悪化すると、手がしびれることで運動障害、足のしびれで
歩行障害などになります。

 

例えば手がしびれてボタンの付け外しが困難だったり、箸などが
持ちづらいなど。

 

足がしびれると痙攣も伴い、普通に歩くことすら歩きにくい状態に
なることがあります。

 

主な治療法は保存的治療で、薬や温熱、装具を使用した治療法で
改善します。

 

その治療で改善がみえなかったり、日常生活に支障をきたすほどの症状の
場合は手術を行います。

 

 

 

⇒ 【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム

 

頸椎症

 

頸椎症マニュアルの総合ランキングはこちら
⇒ 頸椎症 総合ランキング

 

頸椎症 人気ランキング

【頸椎ヘルニア・頸椎症】自宅で出来る改善プログラム 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


自分で治せる!頸椎症・頸椎ヘルニア痛みしびれ改善法 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック


今野式ヘルニア改善エクササイズ 概要。

⇒ 詳細はこちらをクリック

トップページ 人気ランキング 第1位 人気ランキング 第2位 人気ランキング 第3位